合気道は世界の病気の医療である(japanese)

カルポヴァ・マリーナ 平成20年10月31日~11月4日は、合気会本部道場指導部師範関昭二(7段)指導の第13年次国際講習会がモスクワに開催されました。 セミナーの開催者は、ロシアの一番古い合気道組織の一つである「こいのぼり道場」でした。 参加者の総合人数は約200人。 長年の伝統に従い、こいのぼり道場とその支部の生徒だけではなく、他の合気道組織のメンバーもセミナーに参加しました。その中、「オオシンカン」、「カガミ」、「ケンタイカン」、「合気道・ナ・ピオネールスコイ」、「ガクモン」、「リュウシンカン」、「アンユウカイ」、「ゾロトイ・ドラコン(金龍)」という道場の代表者がいました。 参加した地域も広かったです。参加者はロシアのモスクワ、ニジニー・ノヴゴロド、プシチノ、ロスとフ・ナ・ドヌ、イルクーツク、フリャジノ、コロリョフ、スタヴロポリ、ハバロフスク、カザン、サハリン、それにリトアニアとフランスから集まりました。 セミナーは難しい時期に、経済危機を背景に行われました。この経済危機は世界の全ての国を覆い、その人口に激しいストレスをかけました。殆どの人々は不安、未来の不確実、失望、それに時々敵意や不寛容を感じています。それにも関わらず、このセミナーの非常に暖かいと親しい雰囲気が殆どの参加者の印象に残っています。これは、「合気道は世界の病気の医療である」という開祖の言葉のすばらしい確認となっています。セミナーの数日にわたって関師範の、技のレベルを問わず全ての生徒に対する思いやりや注意深い態度が不安を忘れ、ストレスを乗り越え、平和、和合と相互理解の雰囲気を感じさせた、と全ての参加者に感じられました。 以下は参加者の印象です。 ボエフ・アレクサンドル、4級(こいのぼり道場):「関師範は繊細優美や確実性を込めて、相手には選択肢がないように動きの角度を正確に決めて技をかけました。参加者は皆一生懸命頑張り、技に関する関師範の相談を受け入れようとしていました。関師範は、我慢と責任を持って、父が子供に教えるように、参加者の間違えを直し、技を見せ、間違えを説明しました。私の考えでは、合気道を習っている人は皆このようなセミナー、つまり合気道文化を持っている人に直接に接触できるセミナーに出なければなりません。そのお陰で日本の不思議な文化が少しずつ理解できるようになるからです。 セミナーの終わりに関師範は生徒に、これからも合気道の稽古を頑張り、自分に新しい課題を決めそれに達するように、励ましの言葉を告げました。私は少し悲しくなりましたが、関先生は来年も会いましょう、とも仰いました。 先生は帰りました。セミナーが終わった今、その結果にできた質問は回答より多いと感じています。しかし、これは大丈夫です、これからしなければいけないことが沢山あるという印です」 ジョグリチェフ・エドワルド(こいのぼり道場;柔道とサンボのコーチ):「関師範の指導で稽古した印象は深く記憶に刻んであります。セミナーで強調された技術のところでは、一番印象に残ったものは次のようです。 1. 技のデモンストレーション    先生は技を敏速も、ゆっくりも、色んなスピードのやり方を見せました。そのために生徒は技がどれほど現実的で、効率的で、美しいものか、よりよく感じ取ることができました。                         2. 技の説明 生徒がよりよく理解できるために、説明は三つの段階に分けられました:第一、最も重要な段階は、相手を崩し、攻撃のラインを避けることです。第二、技に入り、手や腕を自分の中心の前に持つことです。第三、技をかけるために正しい方向を選ぶことです。                                                             3. 様々な身体や体重の相手に容易に技をかけること 関師範は、合気道の技がどの年齢でも身につけることができる、と見せました。完全を求めることには制限がない、と確認し、参加者それぞれが自分の特徴と相手の特徴に基づいて自分なりの最適のやり方を決めるべきだ、と教えました」 オガノヴァ・アンナ、5級(こいのぼり道場):「皆セミナーの準備をしていたのが強く感じられました。皆最高のの体調になるように頑張っていました。稽古で早いペースでやっている技が増えてきました。何か大事なイベントが近づいている感じが空気にも漂っていました。 私はセミナーに登録したのは初めてでした。朝稽古を選びました。やっと、しばらく待っていた日が来ました。人数が多いです。普段同じグループで稽古する人はいうまでもなく、顔だけが分かる人も親戚のように感じられます。 関師範はエネルギーを込めた調子で道場の真ん中に歩いています。準備運動。準備しているうちに、道場の中に新しい日を迎えているということに気付きます。ガラス壁を通して下の建物の屋根、そしてすぐ前に巨大な太陽が上がっているのを見ています!全世界の頂点にいます!ジェダイ武者です! この生まれたばかりの日を、合気道を学びに道場に来た人、私と同じに考えている人と一緒に迎えています。すばらしい感じです!これは最初の、永久に消えない印象です。 もう一つの印象は、セミナーに出た人は、袴などを問わず、皆平等だ、という感じです。普段の稽古では、袴を着けた人が私と組んだら退屈でしょう、といつも思っています。その人にとって何か習う機会ではなく、教える機会としかならないからです。一方、セミナーでは皆一緒に習っています、一人の達人、関師範のもとに一緒に習っています。このような態度は本当に感激させるものです。だれでも本当に相手と共に技をしようとしています。こういう稽古が生徒の成長にとてもいいと思います。 全ての参加者はセミナーの数日にわたって大分成長してきたと確信しています。皆にとてもいい印象が残っているのも疑いありません。私自身にとっては、このセミナーの結果、朝稽古が大好きになりました。朝6時半に起きて、合気道の稽古をしながら新しい日を迎えて、この一日分のエネルギーを得ることができると分かりました:)。セミナーの前には朝稽古に出ることが絶対できないと思っていたのに」  セミナーが終わりました。参加者の熱意、稽古への態度や、誠意を込めて先生から頂いた知識を身に付ける努力は、関師範の予想に背いていないことを期待しております。またモスクワで先生とお会いできることを期待しております。

Андрей Минаков
Об авторе